カードローン キャッシング 違い

MENU

カードローンとキャッシングは異なるのか

 

カードローンとキャッシングの違いについて、様々な解説が出回っているようです。

 

たとえば、「カードローンは大きな金額を借りることができ、返済も分割やリボ払いなど様々な方法から選択することができます。一方、キャッシングは借りることのできる額は小さなものです。ですから、返済も分割などを使う穂とのことはなく、次の期日の一括です」とったものがあります。

 

これは古い形のものの解説と考えた方がいいでしょう。

 

今は、キャッシング業者の方がどんどん、貸し出す金額も大きくしています。そうなると、必ずしも一括では返済できません。なので、返済方法もカードローンとはもはや違いがないところまで来ています。

 

ですから、結論としては、その業者が「カードローン」と名乗っていようが、「キャッシング」とか「カードキャッシング」と名乗っていようが、特別に区別をして考える必要はないでしょう。

 

どちらとも、担保なし、保証人なしでお金を貸してくれる業者と考えていいでしょう。

 

もし、区別するのならば、「そこが銀行系、消費者金融系、信販系のどれか」といったことの方が、よほど大事でしょう。

 

というのは、銀行系は審査は厳しく、また時間がかかることがあります。が、貸出金利は安めです。

 

信販系はその逆です。銀行系の審査では落ちてしまう人、一日二日も待てないぐらい金策に追われている人は検討することになるでしょう。

 

また、信販系は両者の間ぐらいです。が、個別の違いも大きいようです。