MENU

収入があれば主婦でもキャッシングができる

 

以前は安易にキャッシングを利用し、金銭的に行き詰まってしまう主婦がたくさんいました。あっちの業者、こっちの業者を借りてしまうのです。

 

いわゆる「多重債務」というやつです。重症の人になると、返済日が来てもお金が用意できていないので、ほかの業者で借り出した分をそのまま充てるようなこともやっていました。

 

当然、一日一日借金の額は膨らんでいき、さらに苦しいことになるだけです。

 

こういったことがなくなるようにと、2010年に総量規制が導入されました。「担保なしで借りることのできる額は年収の三分の一まで」というものです。

 

以後、安全性が高まったものの、主婦がキャッシングを利用しにくくなったのは確かです。

 

業者と契約しようと思えば、方法としてあるのはまずは、夫の信用力で審査すること。

 

夫の職業や年収で返済能力を判断してもらうのです。この場合、夫の同意書などが必要です。

 

また、いくらかでも収入がある人は、自分自身の信用力で契約することも可能です。パート・アルバイト、契約社員などでも大丈夫なようです。

 

問題となるのは収入の額もありますが、安定しているかどうかもチェックの対象です。「今年はけっこうもらっている。が、その前は半分程度だった」となると、マイナスポイントになるでしょう。

 

ただし、こういった判断は業者ごとに違います。ひとつのところで断られても、よそではOKのこともあります。

 

また、総量規制は消費者金融系や信販系の業者だけが対象です。

 

審査は厳しめになりますが、銀行系の業者での契約も検討してみていいでしょう。